ダイエットによい主食

腹筋が弱いことの弊害

MENU

どちらがヘルシーなのか?

ダイエットは結局

 

ダイエットに向いているのはご飯食であるという記事や書籍をよく見かけます。

 

しかし理由がどうも主観的のように思えてなりません。

 

ご飯そのものはカロリーが高いです。

 

特に白米は炭水化物の塊なので要注意。

 

ご飯とパンのカロリーはどっこいどっこいで、どちらがヘルシーとかということはないのです。

 

そして、ご飯食派のセールスポイントが「ご飯のおかずは低カロリー」ということです。

 

つまり和食で納豆、豆腐、魚、煮物などヘルシーで栄養価の高いおかずが食べられるからご飯のほうがよいというんですよね。

 

でもそれは、ちゃんとヘルシーなおかずのみを食べていればの話です。

 

ご飯に揚げ物やステーキなどを食べる人だって多いわけで、それでは結局高カロリーになるんです。

 

逆にパン食でも、おかずに温野菜サラダや蒸し鶏、豆の煮込みや野菜たっぷりスープをつければ十分ヘルシー食になります。

 

ようはトータルの栄養バランスが大切なんです。

 

ご飯にしただけでダイエット食になるということではありません。

 

逆にパンを少しでヘルシーなおかずをたくさん食べられるという人もいるわけですから、自分の食べやすい主食でダイエットを意識したメニューにすればよいだけの話だと思いますよ。

 

 

つけまやまつエク以上に効果的!
自まつげをエクステ並に育てる驚異のまつ毛美容液「リバイブラッシュ